スポンサーサイト

Posted by 真咲 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利き目とデッサンの関係 あなたは左?右?

Posted by 真咲 on 26.2009 ラフ&落書き 0 comments 0 trackback
こんばんは、真咲です。
ちょっと気になって利き手と利き目の関係による性格の違いってやつを
調べてみました。

それというのも思わぬところで
左向きの顔描いてること少ないよねと突っ込まれまして・・・・。
いや、ほんとに少ないんですけど。HAHAHA

というかアレなんです。言うのも面倒ないつものアレ
顔すら描けなくなった時は重症・・・・・・。
もうとにかく描いて描いて描きまくるしかないです。

これ×15枚くらいの落書きの山。気が狂うほど描きまくれ(ぉ


さてさて、本題の利き目と利き手の関係。
よくお世話になってるイラスト関係のサイトにもこの記事が載っていたので
参考にさせていただきました(´▽`)
デッサンに関する利き目はこの後で。

まず利き目のチェック方法。
1、数メートルくらい離れた場所にある適当なものを目印と決める。
2、その目印を見ながら利き手で目印を指さす。
3、焦点は遠くの目印にあるので、当然指した指は二重にぶれて見えます。
4、その状態で目を片方ずつ瞑ると
  利き目でない方で見た場合は指がずれた場所を指しています。
  しっかり目印を指しているように見えた方の目が利き目です。

*利き目を調べる方法は他にも沢山あります。
どの方法でもしっかりと分かりますので、色々探してみるのも面白いかも。

で、次に利き手と利き目の組み合わせの割合。

1、利き手が右、利き目が右(割合74%)
2、利き手が左、利き目が左(割合16%)
3、利き手が右、利き目が左(割合8%)
4、利き手が左、利き目が右(割合2%)

だそうです。
全体的に利き手と利き目は同じ場合が多いようで。
左の割合が少ないのは(特に4番)もともと左利きの人が少ないからでしょうね。

更に利き手と利き目の組み合わせで性格も分かるようです。
まあ、血液型診断みたいなもの?

1の人は論理的思考(左脳)に優れている
物事を順序立てて考えたり、多数の情報、意見を的確に纏めることも得意。
グループのリーダーなどに適任。


2の人は直感力(右脳)や、モノを純粋に見ること(芸術関連)に長けている
一目見てその人や物の本質を見抜くことが得意。
人間関係で言えば相手のウソや本性を見抜く才能あり。

3の人は1寄り(左脳)でさらに繊細な感性の持ち主
小さな変化にも気がつき、細かい部分までしっかりと気が回る。
反面、全体を疎かにしがちで細部にこだわりすぎる傾向がある。

4の人は1,2,3を全てひっくるめてそれをさらに顕著にした感じ
右脳左脳共に長けており、このタイプは天才型とも言われるそうです。
何か一つの事に対して素晴らしい才能を発揮する反面、
それ以外のこと(日常生活も含め)はズボラで無関心。
芸術で知られる過去の偉人にもこのタイプが多いよう。
気になる人は調べてみるとよろし(°▽ °)

ちなみに自分は3番でした・・・。利き手が右、利き目が左。
3番と特に4番は変態的な固執性が~とか書いてあるサイトもあって
それはさすがに言いすぎじゃないかと・・・・・・。


戻して、デッサンの利き目はちょっと違って真っ白な紙に斜めに線を引いた時、
どちらが前にあるように見えるかで分かるらしいです。
無駄に長くなりそうなので久しぶりにたたみます。↓↓↓



どう見えますか?
例えばこの斜めの線。
床にひかれた線を斜めに見降ろしているのか(向かって左が手前)
天井にひかれた線を斜めに見上げているのか(向かって右が手前)


ぱっと線を見た瞬間にパースがついて見えてしまったなら
左右どちらかを前提的に手前として捉えてしまう癖があると言えるそうです。
うちもこれに関しては良く分からないので受け売りですが・・・・・。
一番良いのは真正面の壁にただ斜めの線が引いてあるように見えること。
これなら左右に偏った癖はないそうですよ。

うちは右を常に手前に見てしまう癖がついてしまっているようです。
だからあおりでもふかんでも人物が右寄り右向きばかりになる(と言われました)

こうして考えてると人間って面白いですね~(突然どうした
うちの場合こういう難しいことを考えながら練習するとかいうのは
頭のスペック的に無理ですから。
とにかく地獄のアレからの脱出と自分なりの努力ということで。

とりあえず今日はもう寝よう!
それではまた、お会いしましょう。

▶ Comment

▶ Post comment


  • pass
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://matisora.blog112.fc2.com/tb.php/222-fb7e359f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。